amane-style

すべては、メロンを愛して下さる方と
温室メロンの未来のために。

私自身もともと温室メロンの生産農家でした。

しかし現在流通しているマスクメロンは、果物の王様を謳い、贈り物の最高級品として「芸術品のような美しさ」を競うものとなってしまい、いつしか最も大切な「味」と「香り」を疎かにしてきました。自分にできることは何かを常に自問自答してたどりついた答えが「芸術品ではない、本当に『美味しさ』だけを追求した究極のメロンを創ろう」という思いでした。見た目を最重視するために使用されてきた植物成長調整剤は一切使用しない。1個1個完熟を見極め独自のスタイルで収穫する。こうして完成したのが、完熟マスクメロン『天使音』です。今のところ生産数は非常に限られてしまいますが素晴らしい逸品となっています。

ヒノン  代表取締役 影山 雅也

温室メロンハウス

味わったことのない至高の香りと芳醇なくちどけ・・・

マスクメロン本来の「最高の美味しさ」だけを追求し、完成した究極の完熟マスクメロン、それが「天使音マスクメロン」です。このメロンは他の温室メロンとは違い緑肉系のアールスフェボリットと白肉系のヒーローオブロッキンジを掛け合わせているため見た目も味も他の温室メロンとは違います。一番の違いは見た目で、小さくまた編目も美しくありません。そこが一番の特徴です。さらに違うところは、味と香りです。もともとマスクメロンは、上品な甘さと香りが特徴ですが、この「天使音マスクメロン」の『芳醇な味わい』『香りの素晴らしさ』『とろけるようなキメ細やかな舌触り』は、おそらく誰もが経験したことのない、感動的な仕上りとなっています。